• 堺市には障がいのある方々の社会参加を支援する事業所がたくさんあります。
  • 社会参加する喜びを感じながら働くことに挑戦しています。
  • 手づくりの食品や雑貨には様々なこだわりが詰まっています。

授産ってなんだろう

障がいのある方々が、社会参加や就労という目的をもって、日中活動の中で取り組む、ものづくりや作業のことを「授産(じゅさん)活動」といいます。活動を通して、たとえ重い障がいのある方であっても、社会における経済活動の一翼を担うとともに、工賃(給与)を得ることができます。そのような活動を支援する障害福祉サービス事業所(以下、事業所)が、堺市内には数多くあります。
一方で、授産活動に取り組む事業所の目的は、工賃を得ることだけではありません。地域の中で、障がいのある方の日常生活を支援するとともに、一般就労を目指す取り組みにも力を入れています。

※このホームページでは、授産活動に限らず、障がいのある方の日中活動を支援する事業所も広く紹介しています。 

ここにしかない手作り

Only one

お客様に喜んでもらうためにコツコツと。
どれも安心・安全で、手作りならではの温かさがあります。
一度覗いてみませんか。誰かに教えたくなるようなお気に入りがきっと見つかるはずです。

 

ビジネスにもこんな効果が

Confidence

仕事を事業所に発注したり、授産製品を購入したりすることで、障がいのある方の社会参加をお手伝いできます。

「工場を海外に置くより、事業所に発注するほうが顔が見えるから安心」という意見も多く聞かれます。コストダウンにつながったケースもあります。
事業所は、大規模な設備投資がいらない地域のビジネスパートナーです。

 

>> 企業・団体の皆様へ

具体的な活動と現状

クッキー・パンなどの食品やアクセサリー・日用品などの製作と販売、組み立てや梱包をはじめとする内職、名刺の印刷、清掃などの請負作業…。このホームページで紹介されているものが具体的な活動内容になります。
しかし、その活動を通して得られる工賃(給与)は、月の平均で1万円程度(大阪府平均)というのが現状です。そこには、障がいのある方の生活を支援する一方で、一般市場との競争、業務請負先や販売先の拡大という課題に向き合う難しさがあります。

授産活動支援センター

授産活動支援センターは、市民や企業・団体をはじめ、地域社会と障がいのある方がかかわる授産活動をつなぐコーディネーターとなります。
現在、授産製品の販売先や、お仕事の請負先を拡大するために、企業や団体への広報・営業活動を実施すると共に、お仕事の依頼や、販売先の紹介があったときは、授産活動を実施している事業所とのマッチングを支援しています。

また、堺市立健康福祉プラザの1階に「授産活動情報コーナー」を設置し、授産製品の展示やパンフレットの配架等を行っています。

>>「授産活動情報コーナー」へ

お問い合わせはこちら

定例の販売会

各区役所で開催される販売会です。(開催日は予定)

堺区

エールdeさかい

8/23(水) 堺市役所

9/20(水) 堺市役所

東区 らららEAST
毎月第4金曜日
西区

西区作業所

   ネットワーク
毎月第3木曜日

美原区 ド レ 美原♬ マルシェ
毎月第3水曜日
北区

北区作業所

   ネットワーク
毎月第2火曜日

南区 ギャラリーみなみかぜ
みなみかぜ交流ひろば常設
中区

ナカ・ナカマ♡

   ネットワーク

次回 11/17(金)

授産活動に関するお問い合わせはこちら