• 堺市には障がいのある方々の社会参加を支援する事業所がたくさんあります。
  • 社会参加する喜びを感じながら働くことに挑戦しています。
  • 手づくりの食品や雑貨には様々なこだわりが詰まっています。

第1回堺市作業所製品コンクール

堺市内で自主製品を製造している障害者施設を対象として、障害者施設製品の開発促進と施設利用者の社会参加の促進を図るため、専門家が評価し、更なる品質向上を促すためのイベントとして、食品・雑貨・アート・地元貢献の全4部門でスタートしました。

記念すべき第1回目のコンクールです。(名称は当時)

受賞製品

第1回目コンクールは、以下の4部門で開催され、堺市長賞のほかに各部門の最優秀製品が「金賞」として表彰されました。

堺市長賞

商品名 ミューズリーリーゲル
アピールポイント

パンプキンシードとゴマを、クッキー生地の上に蜂蜜とバターとキャラメルで固めたドイツ風の菓子です。

製造者 ほくぶ障害者作業所

食品部門

金賞

商品名 さかいの味噌玉

アピールポイント

カップに入った、湯を注ぐだけで食べられるインスタントみそ汁です。

施設で製造している「福蔵みそ」に、煮干し、鰹節、ワカメ、ねぎを加え、焼くことで香ばしさをプラスした、風味豊かに仕上がっています。

製造者:ふれあいの里かたくら

 

雑貨部門

金賞

商品名 エコロジーポット

製造者 堺あけぼの園

アート部門

金賞

商品名 WE LОⅤE 堺Tシャツ

製造者 おおはま障害者作業所

地元貢献部門

商品名 サカエルくんラスク

製造者 ワークスユウの家

審査内容

応募総数72製品(食品26品、雑貨37品、アート5品、地元貢献4品)の中から、書類審査を行い、35製品(食品17品、雑貨9品、アート5品、地元貢献4品)を選定し、平成22年以下の審査員の方々に審査を行って頂きました。

 

(審査員名)

●山本 憲司(大阪学院大学 非常勤講師)

●小笠原 康夫(学校法人辻学園調理・製菓専門学校)

●岡村 荀(堺デザイン協会)

●柏木 克之(社会福祉法人一麦会)

定例の販売会

各区役所で開催される販売会です。

(開催日は予定)

※各区役所で開催されている展示・販売会については、新型コロナウイルス拡大防止の観点から現在中止されています。

堺区

エールdeさかい

次回 未定

東区

らららEAST
毎月第4金曜日

西区

西区作業所

   ネットワーク

毎月第3木曜日 

美原区

ド レ 美原♬ マルシェ
毎月第3水曜日

北区

きたきてマルシェ
毎月第2火曜日

南区

ギャラリーみなみかぜ
みなみかぜ交流ひろば常設

※当面の間休業

中区

ナカ・ナカマ♡

   ネットワーク

※5月はパネル展示のみ

授産活動に関するお問い合わせはこちら